FC2ブログ

長身女性の小説

長身女性の小説を書いていきます。 よろしくおねがいします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不適切な関係5

 紗奈の靴の匂いをかいでいたところを見られてから5日。
あの時紗奈はびっくりした表情を見せた後、何も言わずに自分の部屋へと戻ってしまった。
それから私のことを避けているようで顔を合わせることもほとんどなかった。
顔を合わせたときは何も言わずに私から逃げていくという感じだった。
まあ、それも仕方のないことであろうとは思う。
そのちょっと前まで大好きと言っていた父親が自分の靴の匂いをかぎながらアソコを触っていたのだ。
弁解したかったが、弁解のしようもないしどうしてよいかわからなかった。
一ついえることは間違いなく紗奈には嫌われたということであろう。
自分でまいた種ではあるが、ショックで落ち込んでいた。


 そしてそれから何日か経った土曜日。
妻は仕事でいなかったが私は休みで家にいた。
紗奈も部屋からは出てきてなかったが、家にいたのでこの前のことを謝りにというか弁解しに行こうかと
思っていたが、なかなか踏ん切りがつかず悶々としていた。
とりあえずリビングで床に座って新聞を読んでいた。
そうしていると、しばらくした後紗奈がリビングへと入ってきた。
私は「おはよう。」と声をかけたのだが、紗奈からの返事はなかった。
気まずい雰囲気の中、紗奈は私の後ろのソファへと腰を下ろした。
なんだか怖くて後ろを振り向くことができなかったが、紗奈のほうから声をかけてきた。


 「ねえ、ぱぱ。」
その声に紗奈のほうへとふりむくと目の前が真っ暗になり、顔に強い衝撃を受けて後ろに倒れこんだ。
最初何が起こったのかわからなかったが、私の視界を遮っているのは紗奈の巨大な足なのだ。
つまり、紗奈に顔を蹴られてそのまま踏みつけられているのだ。
紗奈の巨大な足は私の顔を軽く覆いつくして、胸ぐらいまで届いている。
なぜこんなことをされているのかさっぱりわからなかったが、ある意味うれしい状態だ。
しかし、そんなことを言ってはいられなかったので、
「紗奈!いきなりなにをするんだ。足をどけなさい!」
と言った。
しかし、それに対する紗奈の返答は予想だにしないものであった。


「なんでどけなきゃならないの?こうして欲しかったんじゃないの?」
「何を言ってるんだ!そんなわけないだろ。足をどけなさい。」
「そんなにどけてほしかったら自分でどけたらいいじゃない。そんなに力入れてないけど?」
そう言われてその巨大な足を少しずらそうとしてみたら、なるほど動きそうだった。
しかし、これを動かすのはもったいなあと思っていると・・・
紗奈の足が私の顔から離れていってしまった。
残念だなと思っていると・・・
「やっぱりね。」
という台詞とともに再び巨大な足が落ちてきた。
「やめなさいっていってるだろ!」
「素直になったほうがいいんじゃない?今足を上げたときすごい残念そうだったけど?」
「そ、そんなことない・・・」
「私わかってるんだから。パパが私の靴の匂いをかいでるところを見た後、なんであんなことしてたのかって
思ったからこっそりとパパのパソコンを覗いてみたの。」
「え、まさか・・・」
「そのまさかよ。パパのパソコンに保存してある画像とか小説とかいっぱい見たの。本当に大きな女が好きなのね。」
「いや、あれは・・・」
「こんなふうに踏まれたりするのもね。」
「それは違う!ただあれは・・・」
「まあどっちにしたって私の靴の匂いかいでたくらいなんだから、こういうのも好きなんでしょ?臭い?」
「いや・・・そんなことない・・・」
「臭いほうが好きだったのかな?舐めたかったら舐めたっていいんだよ?」
「え・・・ほんとに?」
つい言ってしまった。
確かに舐めたくて仕方なかったのではあるが。
もう理性のたがが外れそうなところまで来てしまっていた。
「パパの好きなようにしたっていいんだよ。それとパパが知りたいこと教えてあげようか。」
「何・・・?」
「私の足っていうか靴のサイズだよ。靴には書いてないから知りたいんじゃないかなって。それとも自分で測った?」
「いや、知りたい。何cmなの?」
「ふふふふっ。もうパパの想像を超えてるかもね。今の靴は39cmあるからね。それももうきついし。
身長も伸びまくってるけど足の成長がすごいの。ついに40cmになっちゃう。足のサイズが40cmの
女子中学生なんて他にはいないと思うよ。30cmだっていないかもしれないのに。」
「39cm!」
確かに私の想像を超えていた。
靴の見た目から30cm台後半はあると思っていたが・・・
しかもそれがきついなんて、40cmだなんて。
その時、紗奈の空いていたほうの足が私の股間を直撃した!


 「ねえ、なんだかビクビクしてるけど?」
紗奈の足に蹴られたことによって、私はあっさりと絶頂に達してしまったのだ。
パンツの中がべとべとになってしまっていたが、気持ち悪さよりも気持ちよさのほうが遥かに上回っていた。
それによってたがが外れてしまった私は、紗奈の足をぺろぺろと舐め始めていた。
さっき放出したばかりなのにもう勃起してしまっていた。
「あ、あ、ああ・・・」
とうめき声のようなものを出しながら。
「パパ、もしかしてしゃせいしちゃったの?私はよくわかんないけどさ、気持ちよかったの?」
「う、うん・・・」
もう情けなさと気持ちよさでわけがわからないような状態だ。
「パパって変態だよね。娘の足を舐めて娘に股間を蹴られてしゃせいしちゃうんだから。でもそれって、
大きな女の子が好きだからなの?普通の大きさの子にされても感じない?」
「うん。紗奈の大きな足だから・・・」
「そうなんだ。ふふっ。足の大きさもそうだけど、私の今の身長も知りたいんじゃないの?しばらく言ってなかったから。」
「し、知りたい・・・」
「やっぱり・・・パパはどのくらいだと思ってるの?」
「2m25cmくらい?」
「もうこのくらいの身長になるとよくわからないのかな?パパにとってはうれしいだろうけど、それ以上あるよ。」
「えっ?何cmあるの?」
「教えてほしいんだったら、教えてください紗奈様って言ってみてよ。」
「教えてください、紗奈様。」
もはや私に理性もプライドもなかった。
目の前の理想の巨大少女の言われるがままであった。
「ほんとにあっさりと言ったね~じゃあ教えてあげる。2m34cmあるんだよ。パパの画像コレクションにだって
こんなに大きな女の子いないんじゃないの?しかもまだまだ伸び続けてるんだよ。」
確かに。
紗奈ほど大きい女性はネットでも見たことがなかった。
しかも大きいだけでなく、顔は超絶美少女なのだ。
その会話の直後に紗奈の足が動いて、私は2度目の絶頂を向かえてしまったのだ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2012/02/20(月) 00:10:51|
  2. 不適切な関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ある超長身女性の1日(2)  112wさん投稿作品 | ホーム | 不適切な関係4>>

コメント

最高です!

初コメです!いつも拝見させていただいております!
今回の作品はあまりにも僕のツボを捉えていましたので、コメントさせていただきました。

個人的な趣向ですが、このように「昔優しかった娘や妹が、身長や力で兄、父などを抜いたことで一変して、それまで権力的に上だったものを支配するようになる」というシチュエーションが最もツボです!
今後もこのような作品楽しみしております。
  1. 2012/02/20(月) 20:38:10 |
  2. URL |
  3. かきぴ #DpqqHe9I
  4. [ 編集 ]

かきぴさんコメントありがとうございます。
かきぴさんのツボにはまったようでよかったです。
私はギャップっていうかこの人がこんなことに!見たいなのが好きです。
今回ので言うと、天使の様だった紗奈がまるで悪魔のように・・・って感じですかね。
かきぴさんと似たような感じなのかもしれないですね。
これからもよろしくお願いします!
  1. 2012/02/22(水) 00:07:41 |
  2. URL |
  3. たぬき #-
  4. [ 編集 ]

9 out of 10

WOW this is GREAT!

i wonder if she really became a harsh mistress.
so I can't wait for the sequel!!


*I'm sorry but i can't write in japanese.
following is translated with GoogleTrans.

WOWこれは素晴らしいです!

彼女は本当に過酷な愛人になっているのだろうか。
ので、私は続編が待ちきれない!
  1. 2012/03/21(水) 18:32:19 |
  2. URL |
  3. Anonymous #eGzntzSU
  4. [ 編集 ]

Anonymousさんコメントありがとうございます。
日本語を読むことはできるんですよね?
まあそうじゃなかったらこのサイトにきてもしょうがないですけどw
お褒めに預かり光栄です。
続編はもちろん書くつもりですけど、もうしばらくおまちくださいね。
  1. 2012/03/24(土) 00:16:07 |
  2. URL |
  3. たぬき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tallestgirl.blog.fc2.com/tb.php/39-4cebf94a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。